広島風お好み焼き

広島でのもうひとつの目的は、現地で食べる
広島風お好み焼き!!
いまや全国区となったものでも、やはり地元で食べるのが一番美味しいに違いない!と
ネットやガイドブックの口コミを元に、とあるお店に行ってみました。
それは、お好み焼き 三八というお店。
小さな商店街の一角にある、本当に小さなお店なのに、お昼時は行列ができるほどの人気店。
a0028482_13352569.jpg



a0028482_13474392.jpg
混んでても、鉄板いっぱいに何枚も焼いているから、そんなに待たなくても大丈夫。
待ち時間の長さよりも、むしろ待っている間の、あの食欲をそそるお好み焼きソースの香りの方が拷問ですよ!
そうこうしてるうちに、私たちの順番がやってきました。
待っている間に注文しておくので、テーブルについて店内を見回していると
おばちゃんが「お待ちどうさま~」と持ってきてくれました。


a0028482_13562630.jpg

広島風~といえば、鉄板の上でへら(こて?)を使って食べるのかと思いきや、
狭い店内には、会議室においてあるような長テーブルと折りたたみいすが置いてあるだけ。
他のお客さんと相席でいただくもんだから、目の前にはサラリーマン風の若いお兄ちゃんが座ったりして・・・(#^.^#)。
あぁ、お箸でおちょぼ口で食べれてよかったーなんて思ったりしたもんでした(笑)

さて、お味はというと、やっぱり現地で食べるのが一番!
超~美味しかった。
仕上げにガーリックパウダーをふっているので、かなりガーリック臭いけど
それがアクセントになって味を引き締めてる感じ。
ただ、量が半端じゃないです。
これ、普通のレギュラーサイズ、いわゆるシングルというもの。
麺が入っている分、見た目以上にボリュームたっぷりです。
ダーリンでもフーフー言いながら、食べてました。
女性や小食の方にはレディースというのがあるので、そちらがおススメです。
[PR]

by sue-sue | 2007-05-26 14:13 | 旅行